しろつめくさの効果

 有機栽培をはじめるために、農薬や化学肥料を使わなくなったのは3年ほど前。そのころから土づくりのことを考えて、しろつめくさ(ホワイトクローバー)の種をまいていた。

 種をまいた翌年から少しずつ増えはじめ、昨年に比べて、今年は2倍に広がっている。これがその様子。

クローバーの効果

この写真をクリックで拡大をして、よく見ていただきたいのだけれども、木の株元にフラフープの輪のように種を筋まきしただけだったものが、今はこんな風に広がっている。

 種を蒔いたところがすべてこうなっている訳ではないが、うまく根づけば良いことだらけだ。

 

 

 慣行栽培から有機に変わると、ほとんどの木がカミキリムシの影響で枯れる。それ以外にも、肥料の効果が落ちたり、葉を虫に食べられたりして、葉がなくなって枯れる。

 そんな理由で、昔から慣行栽培をしているみかん農家は、有機栽培が出来なかったようだけれど、クローバーが根づけば大丈夫。

 

 除草剤をよく使う雑草嫌いな人が言っていることは、「高く伸びた草で足をとられるから雑草が嫌い」というのがあるけれど、だったとしてもクローバーの生長は低いままだし、他の草も生えてこない。

 

 しかも、窒素固定されるから病害虫に悩まされることも少ないし、みかんの木は元気だ。実際に今、そう感じている。


 ただ、クローバーが根づかなかったときは最悪。転地返しまでは必要ないけれど、土にくん炭を混ぜ込むことで保肥力をつけたり、草の刈り伏せをしたりして、土壌の改良をすることが必要だと思う。

 

 当果樹園にも上手く行っていない場所がたくさんあるけど、それはクローバーの種が少ないことが原因かも知れない。上の写真のように成功したところは全てではないが、種をたくさん購入して蒔くことができれば、広範囲で成功できる可能性は高いと感じる。しかし、高価なクローバーの種は、たくさん買うことができないから辛い。

 

 もう有機栽培は3年目なので、クローバーの種さえ蒔くことが出来れば根づいてくれるはず。その準備はできている。土ができれば、苗木を植えていくだけ。そうすれば、強い木が育ち、美味しい実がつく。ある程度の準備はできている。

にほんブログ村 環境ブログ 有機・オーガニックへ にほんブログ村 地域生活(街) 四国ブログ 伊予(市)情報へ

コメントをお書きください

コメント: 2
  • #1

    あらい (木曜日, 19 2月 2015 14:22)

    我が家の庭に、去年収穫を楽しみにトマトやキュウリ、ナス、ジャガイモなど簡単に誰でもできる苗をを植えました。が、全く実がならず……というより成長せず枯れて終わってしまいました。
    今年は、どうにかひとつでも収穫したいと腐葉土をまいたりしました。この情報を伺ったのでシロツメクサの種を蒔いて様子を見てみようと思いました。

  • #2

    カンズフルーツ菅 (木曜日, 19 2月 2015 20:33)

    あらい様、
    コメントありがとうございます。
    野菜の種類によって育ちやすい土壌環境がありますので、
    その野菜にあわせて弱酸性にしてあげたり中性にしてあげたりすることを
    おすすめします。
    シロツメクサは弱酸性土壌に最適な環境を生みますので、
    それにあわせた野菜を選んでみてはいかがでしょうか。